なんでもLOG

テレビ雑誌などで紹介された気になるお役に立つ情報を発信しています

海陸風のしくみ 真夏の晴れた日~昼に吹きやすいのは海風 夜に吹きやすいのは陸風~

 海陸風のしくみ
真夏の晴れた日に昼に吹きやすいのは海風 夜に吹きやすいのは陸風

陸地は暖まりやすく冷めやすい性質、海は暖まりにくく冷めにくいという性質があります。
真夏の晴れた日には、昼は陸地の方は気温が上がってそこに上昇気流が起きます。
それを補うように、海から陸に吹きこみます。
これを海風と呼びます。


夜は、海は冷めにくく、陸は冷めやすいという性質から、陸地は海よりも冷めて、海の方に上昇気流が起こるようになります。
そのため、昼とは逆に陸から海へと補う風が吹くようになります。
これを陸風と呼びます。
これらを、海陸風と呼んでいます。

 

 

kenbunroku-net.com

「土用の丑の日」うなぎを食べる習慣を広めたのは平賀源内とするのが有力な説

土用の丑の日」うなぎを食べる習慣を広めたのは平賀源内とするのが有力な説

土用の丑の日と言えば、うなぎを食べる日としてすっかり定着していますが、このようになったのは諸説あります。

その中でも最も有力とされるのは、江戸時代の発明家・平賀源内とする説です。
夏になるとうなぎ売れないうなぎ屋の悩みを聞いて、「本日土用丑、うなぎ召しませ」という看板を出させたそうです。

 

きっかけにうなぎ屋は大繁盛し、他のお店も真似をしたことから習慣化したとされています。


kenbunroku-net.com

国立競技場の屋根の一部が黒いガラス張りになっている理由とは

国立競技場の屋根の一部が黒いガラス張りになっている理由とは

東京オリンピックが開催となりました。
さまざまな困難を乗り越えての開催で賛否両論ですが、開会式はさすがに見入ってしまいました。

開会式が行われた新国立競技場では無観客での開催となりましたが、これから2週間陸上競技をメインになんどもテレビで見ると思います。

そんな国立競技場の屋根が映し出されると、一部が黒く覆われた部分が確認できます。
これは、競技場内の天然芝を育成するために太陽光が差し込んでくるために設置されています。

 

また太陽光発電もできるようになっているそうです。
もし、協業の上空からの映像が流れている場合には、その黒い部分を確認してみてください。

 

kenbunroku-net.comEA2@

東京オリンピック開会式の入場行進順はギリシャを先頭に最後尾は開催国の日本

東京オリンピック開会式の入場行進順はギリシャを先頭に最後尾は開催国の日本 

いよいよ今日は東京オリンピックの開会式
コロナ禍でとても大変な大会運営となりそうですが、無事に開催されることを願っています。

そんな開会式の入場行進は、選手の皆さんはもちろん、見ている私たちも楽しみな演出の1つです。
入場順は、オリンピックの発祥国であるギリシャを先頭に、難民選手団、組織的なドーピング違反で国としての参加ができないロシア・オリンピック委員会が続き、五十音あいうえお順で行進します。
最後の3カ国は28年のロサンゼルス五輪を開催する米国、24年パリ五輪のフランス、最後は開催国の日本が入場します。

kenbunroku-net.com

1964年東京オリンピックは雨が多い大会 15日間のうち9日間も雨を観測

1964年東京オリンピックは雨が多い大会
15日間のうち9日間も雨を観測

いよいよ東京オリンピックが開幕します。
コロナ禍で2020年開催が1年の延期を経て、コロナ禍が続く中でいろいろな問題を抱えつつも明日開会式を迎えます。

 

そんな東京オリンピックですが、今回は夏の開催とあって、猛暑の中で選手のコンディション調整も難しく、どんなドラマが待っているのか球は誰も知りません。

 

1964年の東京オリンピックは10月の開催で、比較的天候の安定した時期での開催でくれれていたのですが、いざふたを開けてみると15日間という大会期間中の実に9日間でアメを観測した大会でした。

 

開会式がいい天気だったので、その印象が強いように感じますが、実は雨の多い大会だったのです。

 

kenbunroku-net.com

【覚えておきたい】台風が持つ3つの特徴

【覚えておきたい】台風が持つ3つの特徴

梅雨が明け、全国各地で猛暑が続いています。
この時期になると、太平洋上の海水温が上昇して、台風が発生しやすい状況になります。

太平洋高気圧が日本列島を覆う時期は、その縁を台風が進むため上陸や接近はさほど多くありませんが、太平洋高気圧が弱まっていく9月に入ると比較的日本列島に接近上陸しやすくなるので、これからの台風の発生状況には注意が必要です。


そんな台風ですが、大きな特徴として3つ挙げられます。
①台風の中心から反時計回りに風が吹く
②海水温の高い上空で水蒸気をパワーにして発達
③自力でほとんど動くことが出来ず周囲の偏西風や高気圧の縁などの状況によって進む

 

これらが台風の大きな特色となります

 

kenbunroku-net.com

ラベンダーの栽培が盛んな地中海沿岸

ラベンダーの栽培が盛んな地中海沿岸

日本ではラベンダーと言えば、北海道での栽培が盛んです。
高温多湿が苦手なラベンダーは、からっとした気候を好むためです。

 

原産地は、地中海沿岸。
特に、その西側の地域での栽培が盛んです。
地中海の緯度と、北海道の緯度はだいたい同じで、ラベンダーが好む気候だからです。

ラベンダーの歴史はとても古く、古代歴史は古く、古代ローマにおいては、その香りの良さもあってか入浴剤のように利用されていたそうです。

 

kenbunroku-net.com

ハスの葉の撥水性がしゃもじやヨーグルトのふたに応用

ハスの葉の撥水性がしゃもじやヨーグルトのふたに応用されている

ハスの葉に水を落とすと、水玉となって葉をはじきます。
これは、ハスの葉の表面に、細かな凹凸が規則正しく張りめぐらされているからです。

この凹凸で、水を葉の表面から押し上げて、空気が貯まることによって、葉の表面が濡れず撥水性を保っているそうです。


ハスの葉の撥水性は、しゃもじやフライパン、ヨーグルトのふたなどにも応用されています。

 

kenbunroku-net.com

今日にも関東甲信地方の梅雨明け発表か

今日にも関東甲信地方の梅雨明け発表か

今日の関東地方は、ここ最近ずっと大気が不安定で、局所豪雨などを観測してきましたが、ようやく天気が安定してきます。

まだ、にわか雨があるかもしれませんが、その雨も山沿い地域になる模様で、関東甲信地方や東北地方などは、いよいよ今日早ければ梅雨明け宣言が聞かれるかもしれません。

 

気温も高い予想が続いています。
先日7月15日の全国最高気温は、

一番気温が上がったのが、1位は新潟県新津の35℃ちょうど。
全国で唯一の猛暑日となりました。
 2位が、秋田県大館の34.8℃、3位が、佐賀県伊万里で34.7℃と、猛暑日に近い気温となっています。

 

kenbunroku-net.com

イルカの水中でのあくび 世界初の哺乳類の水中でのあくびとして三重大学などが初めての発見

イルカの水中でのあくび 世界初の哺乳類の水中でのあくびとして三重大学などが初めての発見


三重大学などが、延べ119時間の観察でイルカのあくびを5回確認。
イルカが口を開けてあくびのように見える行動が、のんびりとしていて活発ではないときにことから、起こっていたことで、あくびとして専門誌に発表したのです。

 

kenbunroku-net.com